声の絶不調から抜け出すために、毎日意識していたこと

今日の "Bis!!"

僕がいちばん声の不調に悩まされていた時期から、

「まぁまぁ改善してきたんじゃないか?」と思えるまで毎日意識していたことを挙げていきたいと思います。

  1. 「まだいける!」と思った日は話す機会をいつもより増やす
  2. 声を出すとき、不安を感じる瞬間を1回でも減らすようにチャレンジ!
  3. 声が出ないときは、『無理やり出す』より『自然な呼吸に戻す』ことを優先する

思い返してみても

体調とか日によって細かなポイントは変えていましたが、この3つは揺るぎなかったように思えます。

②の「不安を感じる瞬間」について少し補足を致しますと…

話し始める直前の、あの「声を出すのが怖い!」と感じる瞬間をなくしていきたいという意味です。

恐怖心をいきなりコントロールすることは難しいと思いますので、まずは心よりも身体をコントロールするところから始めると良いです。

  • 肩が上がる
  • 喉の奥が閉まる
  • 舌が引っ込む
  • 首が前に出る
  • 眉間にシワがよる

・・・など

身体にでる”恐怖”の影響をゆっくり解除してから発声。 結果それで声がでなくても、意識づくりができれば目的は達成したと判断し万事OKです。

毎日毎日、積み重ねていくことで「意識」は「習慣」にかわり、無意識にできるようになります。

そのぶん、他のことを考えられる余裕が生まれてくるというわけです。

ぜひおためしください。

ボイスケアサポーター 田中眞

レッスンお申込みはこちらから

コメント

タイトルとURLをコピーしました