今日の "Bis!!"

今日の "Bis!!"

【音楽家のジストニア】得意な音がくると、脳は開放を求める

※今回はただの過去の失敗談です。笑 フォーカルジストニア(音楽家のジストニア)を発症する以前に 演奏するうえで、自分の得意としていたテクニックや音階はありますか? だれよりもハリのある音でロングト...
今日の "Bis!!"

【発声障害】意識を”足す”ばかりが、発声を改善させる手段じゃない。

発声障害を克服するために ひとりでボイストレーニングに励んでいた時の頃 「あれ、これは声を出す前にあれこれ準備をしない方がうまくいくな」 と思える場面が何度もありました。 発声障害に...
今日の "Bis!!"

【発声障害】知覚認識力を上げるために。いまSNSで見かけるアレがヒント!

ボイストレーニングによって声の不調を改善させていくには 身体への知覚認識力を高めていくことが重要となります。 のど、あるいは身体全体へと知覚のアンテナを巡らせることで 症状改善への糸口を見つけていく…とい...
今日の "Bis!!"

【発声障害】エセ○○でしゃべったら、声の通りが良くなった!?話

先日のレッスンでの出来事です。 その日のお客様は接客業に就かれており、仕事上で「正しい日本語の発音」を意識しすぎた結果 声が出づらくなってしまったというお悩みをお持ちでした。 長い時間をかけて身体にしみつ...
今日の "Bis!!"

がむしゃらな実践は要注意?発声障害を克服しようと決めたころの話

発声障害をボイストレーニングによって克服しようと目指した当初 どこから手を付けたらよいのかわからず途方に暮れたことがありました。 声楽専攻の音大生のころから、声のことをまとめた「発声ノート」は手元にありましたが...
今日の "Bis!!"

「自分」をちょっと遠いところにおけると、緊張はしなくなる。な話

声の不調、とくに人前で緊張してしまうクセを改善させるために「自分に自信をつけたい」という目標をかかげる方は多いです。 いきなり昔話をしてしまうのですが・・・僕は声楽家でありながら、もともと歌がニガテな子供でした。 ...
今日の "Bis!!"

大きく改善が見込める、発声障害リハビリの「クリティカルポイント」

発声障害を克服するまでの道のりは、決して楽ではないと思います。 楽ではない、と言える理由の一つとして 克服までプロセスが単純な右肩上がりな構造をしていない点が挙げられます。 医療行為を受けるにしろ...
今日の "Bis!!"

声のお悩み解決に必要なのは、「聞き上手」なトレーナー?!

僕はレッスンで、お客様にとにかく色んな質問をします。 「最近のお声の調子はいかがですか?」 といった基本的なものはもちろん 「今、声を出してみた感じはどうでしたか?」 「どこか身体に...
今日の "Bis!!"

問題を多角的にとらえ、発声障害リハビリの幅を広げる

発声障害をはじめとする声の不調をお抱えの方には 「うまく息を吐くことができない」 という具体的なお悩みを持つ方がいらっしゃいます。 十分に息を吐ききれていないから、次に吸う息の量で帳尻を合わせなければなら...
今日の "Bis!!"

講師と意見交換をして、フォーカルジストニアを予防しよう

そんなある日のレッスンでのこと。歌声に悩むお客様から 「いま習っている歌の先生から、ある発声法を取り入れるよう強く言われているが、それを実践しようとすると呼吸が苦しくて仕方がない。その発声法を続けてもいいのだろうか。...
タイトルとURLをコピーしました