【発声障害】エセ○○でしゃべったら、声の通りが良くなった!?話

今日の "Bis!!"

先日のレッスンでの出来事です。

その日のお客様は接客業に就かれており、仕事上で「正しい日本語の発音」を意識しすぎた結果

声が出づらくなってしまったというお悩みをお持ちでした。

長い時間をかけて身体にしみついてしまった

正しい日本語の発音へのイメージはなかなか抜けず、

「発声法はこうでなければならない!」

「正しい発音というのはこういうものだ!」

と脳みそが主張するかのように、レッスンは一進一退をきわめていました。

ところが先日、そこから改善のコツをつかむある方法がみつかりました。

それはエセ方言を使ってしゃべる、というものです。

あ~○○さぁん、元気にしたっただかぁ?こっぢもおがげさんでぇぼつぼつやらぁさしてもうてまず~。

・・・(‘_’)

文章にするとより珍妙さが増しますが、この「エセ方言発声」を実践してみたところ

頑固だった脳の縛りから抜け出し、お客様の声がすっと通るようになったのです。

言葉を言葉としてハッキリ発音しすぎず、絶妙な間で息が流れる感覚をキープする。

ゆる~い発声がのどと舌を緩めてくれたおかげで、声が出たのかもしれません。

コツとしては

しゃべる方言は実在しないものだけど、どこかにありそうなもの。というくらいのレベルがいいです。

実際の方言を用いてしまうと「これはこうでなければ!」スイッチが入ってしまうのでおススメしません。

あと小芝居好きというか、寸劇が得意な方の方が効果がある気がします。笑

そしてエセ方言で得られた発声の感覚はフィードバックし、標準語の発音にもいかせられるように考えていくと良いでしょう。

以前の発声イメージがとにかく頑固に脳にこびりついている。

ハッキリ発音しようとしすぎて苦しいけど、力の抜き方がわからない!という皆様、

いちどよぉ~、ありもじねぇ方言どやらでさぁトレーニングしるっでぇのもええがもしんねよぁ

ボイスケアザポ~ダァ だなかまざじ

レッスンお申込みはこちらから

コメント

タイトルとURLをコピーしました