どうしてもつらいときは

こんにちは。このページを開いていただきありがとうございます。

できたら気分のおちつく飲み物でも片手にぼんやり読んでいただけたらと思います。

それが難しいという方は、ええと・・・ぼんやり見ていってください。笑

とにかくまずは、お疲れさまです。

僕はたぶん、あなたのことは何も存じ上げないのですが、あなたの身体もこころも、本当によく頑張っていると思います。

だけど僕はあなたに「もっと努力しなさい」とか、「もっと頑張れ!」とかいう言葉もそうですが

「無理しないで」とか「頑張らなくていい」という声かけもなるべくしたくはないです。

あなたがいつもどんなに頑張っているかは想像に難くないし、無理をしなければ普段の生活もままならないほどこの病に追い込まれているのが何となくわかるからです。

無理して頑張ってでも声を出さなきゃならない事情って、やっぱりあるんですよね。だからあんまり簡単に「頑張るな」とか「無理するな」とも言いたくないのです。

できることなら(ちょっとはなれた)隣にぼさーっと座りながら、ただ黙ってそこにいたいです。

それでも、周りのひとが羨ましいですね。

あんなに楽しそうに友達としゃべったり、うたったり・・・。当たり前のように声を出せている。いやあ、羨ましいっすねマジで。その幸せを噛みしめてほしいものですね。

周りの方は、あなたの病のことをご存知なのでしょうか。打ち明けるのはなかなか勇気がいりますよね。まず自分自身がこの病気を受け入れないといけないし・・・。

無理にわかってもらおうとしなくても僕はいいと思います。

理解を示さない人は一生理解しようとしないし、説得に使う労力が・・・あなたの声がもったいない。自分が自分のことを分かってあげていればよいと思います。

ごはん食べました?僕が最近食べたおいしいもの、なんだったかな。

ああ、アレだアレ。えーと、鴨せいろ。いや美味しいんですって。好きなんだよなぁ・・お蕎麦。

カツカレーも美味しかったですね。人類最後の日の晩餐候補は今んとここの2強だな。鴨せいろとカツカレー。あ、天丼も捨てがたいな。

この先どうしようとか、明日のこととか、今は考えなくていいと思います。

ここまでずっとまじめに周りに気を遣いながら一生懸命くらし続けてきたわけですから、たまには身体と心をおもいっきりサボらせてあげてみてください。

いつもお疲れさま。ここまでがんばってくれて本当にありがとうございます。

ここまでお付き合いいただき、ありがとうございました。

あなたにとって少しでも心の軽くなるような言葉にしたくて、ああしろこうしろとかいうアドバイスみたいなものをなるべく廃した結果、なんともいえない文章になってしまいました・・・苦笑

それでもたぶん思い悩む人を前にしたとき、僕がかけるのはこんな感じの言葉だと思います。あぁ悲しきかな。

コメント

タイトルとURLをコピーしました