莫妄想

僕が学生時代に働かせていただいていたお蕎麦屋さんには、「莫妄想」とかかれた大きな額がありました。

実際の写真。「想妄莫」と書いてあります(右から左に読むみたいですね)。

【莫妄想】 (読み:ばくもうそう、まくもうそう、まくもうぞう など)

莫妄想はいわゆる禅語で、「妄想すること莫(な)かれ」と読むことが出来るようです。

意味はそのまんまなのですが、禅の世界における「妄想」は現代のそれの意味に加え生と死、善と悪、勝と負、得と損といった、物事を相対的に見て分別することもまた「妄想」に含まれるそうです。

心の迷いや欲や分別にとらわれず、ただ「今」なすべきことに集中する・・・そんなところでしょうか。

フォーカルジストニアのリハビリをしていく上で、こうした莫妄想的な考え方には随分と助けられました。

今のメソッドよりも昔やっていたあのメソッドの方が効果的だったんじゃないか・・・?

あの時、練習方法をきちんと見直していればこんなことにはならなかった・・・。

調子を維持して○○日後にこの曲を歌えるようにしていかなければ・・・。

こうした妄想は稀にモチベーションを上げることもはありましたが、気持ちを焦らせ逆効果を生む方が圧倒的に多かったのです。

妄想を断ち切り、黙々と自分の声と向き合い始めた時にはじめて僕のリハビリはスタートしたような気がしています。

これまでも、きっとこれからも「莫妄想」にはお世話になることと思います。よろしくおねがいしますね。

莫妄想「俺に期待するな。妄想するな妄想を。」

はい、失礼いたしました。

↑レッスンお申込みはこちらから

コメント

タイトルとURLをコピーしました