雑記

こぼればなし

【発声障害】よくいただくご質問【ボイストレーニング】

今回は、発声障害のボイトレを請け負う中でよくいただく質問をまとめてみました。 発症から今の状態までにかかった時間は?ボイトレの頻度は?ホームレッスン導入の可能性はある?…etc
発声障害

【発声障害】じぶんの声を気にしないヒトとは何だろう

発声障害に悩まされていると、ついつい自分の声のことが気になってしまいます。しかし気にしたところで事態が良くなることはそうそうなく…失敗してはまた気にして、の繰り返し。「もっと気にしないヒトになりたい!」今回は、自分の声のことを気にしすぎないためにはどうしたら良いかを考えました。
思うことなど

声が出ないというお悩みに、僕が「わかる」と言えない理由

発声障害など声が上手く出せない方のお悩みに、なかなか「わかります」と言い出せない発声障害経験者の僕。同じ病を患った身でありながらなぜ共感の言葉をつぐんでしまうのか。声を出すという事は、その人にとってどういうものなのか。2020年の〆は、ボイストレーナーのとりとめのない考えごとです。
思うことなど

声が出づらいことを「わかってくれない」ひとたち

発声障害で一番つらいことは「わかってくれないこと」だと、多くの方は語ります。理解すること、共感することは大切であり、複雑でもあります。
発声障害

発声障害はボイトレで克服できる!自主トレで不調から脱するまで④

日常会話において、ほぼ声の不調を感じることは無くなった。あとはこの数日で見つけていった発声のフォームをいかにして無意識にでも出せるようにするか。行動と考えかたにメリハリをつけることによって、改善のスピードと質がグンと上がりました。
発声障害

発声障害はボイトレで克服できる!自主トレで不調から脱するまで③

1年ぶりの声の不調を感じた発声障害専門ボイストレーナー。着実に調子が上がってきつつ要る中、デスクワーク中にまたもや喉にあの嫌な緊張感が・・・。さてどうなる!?(他人事)
発声障害

発声障害はボイトレで克服できる!自主トレで不調から脱するまで②

喉の緊張と第1声のつまりは何とか改善の兆しが見えてきた。当日は外現場での接客業務があるが、果たして・・・?ボイストレーナーが自身の声の不調から立ち直るまでの経緯を書いています。
発声障害

発声障害はボイトレで克服できる!自主トレで不調から脱するまで①

ボイストレーナーに突如降りかかった声の不調。これは今までの自身の経験を活かせるチャンス!自主ボイトレによって発声障害を乗り越えるまでのプロセスを一部ご紹介いたします。
フォーカルジストニア

フォーカルジストニア発症の原因を考える:恐怖心という「痛み」

腱鞘炎や結節のように身体的な「痛み」を伴わないフォーカルジストニア。 痛みがないからこそ深刻化しやすいこの病気の予兆は、恐怖心から生まれる演奏中の違和感だけ。それをどう捉えるかを考えました。
思うことなど

「なんとなく歌う」「理屈を知らない」は悪いこと?

こんにちは。ボイスケアサポーターをしています田中眞です。 歌を勉強していたひところ、僕は「なんとなく歌うこと」を嫌っていたように思います。 いい歌を歌うには きちんとした根拠のあるテクニックと、理由の伴った表現を...
タイトルとURLをコピーしました