フォーカルジストニアと「フォーム」

フォーカルジストニアと「フォーム」 フォーカルジストニア

こんにちは。ボイスケアサポーターをしています田中眞です。

今回はこのブログ内でたびたび登場している「整えられたフォーム」という言葉について、具体的にどういうものなのかを書いていきたいと思います。

整えられたフォーム=良い姿勢とは限らない

「整えられたフォーム」と聞いて、どのような姿を想像するでしょうか。

背筋を伸ばし、足を肩幅ほどに広げ、お腹で呼吸する意識を持ちながらまっすぐ前を見る・・・

そのようなイメージでしょうか。

これらは確かに傍から見ても「良い姿勢」であるかもしれませんが、整えられたフォーム(以下、フォーム)とは少し意味が異なります。

僕が考えるフォームの概念は無駄な力みのない、姿勢や体勢に関わらず伸びやかな声が出せる身体の状態だと思っています。

世の中で活躍している歌手のみなさんを想像してみていただくと

一様に背筋を伸ばし、足を肩幅ほどにきちんと広げ、まっすぐ前だけを向いて歌う歌手は少ないことが分かります。つまり歌手の方々は、良い姿勢を固持せずとも自分の声を十分に活かせるほどのフォームが身についているからこそ、あのパフォーマンスを維持できているのです。

良い姿勢はフォームを構築するためのきっかけであって、本質ではないと考えてよいと思います。

とはいえ、やっぱり姿勢は大事!

「本質ではない」とのたまったあとで大変恐縮なのですが・・・

良い姿勢はフォームをつくるためには非常に重要です。良い姿勢を心がけることによって呼吸筋群の働きを助け、喉周りに過度な負担をかけることなく声帯にスムーズに息を送ることが出来るからです。

↑こちらもあわせてどうぞ

自分にとっていちばん心地いいフォームを決めるためにも、まずは姿勢から見直してみるとよいと思います。

良い姿勢をとるポイントとしては

  • 骨盤を土台に背骨が緩やかなS字を描いていることを意識する
  • 首が前に出てしまっているときは顎を引くのではなく、頭ごとうしろにスライドさせる
  • 肩が内巻きになるときは肩甲骨を寄せ合う意識を持って整える
  • かかとが浮いたり重心が片方の足に偏らないようにする
    • 慣れないうちは座りながら行うのも有効

といったものが挙げられます。

姿勢を作っていく上で、体が強張ったり同じ姿勢を維持し続けられないといったような違和感がでることもあると思います。

そういったときは無理をせず、少しずつ身体を動かしながら再調整をしてみてください。重要なのはきれいな姿勢をつくることよりも、楽に声が出せる身体を目指すことです。

良いフォームを見つけていくために

ある程度姿勢が整ったと感じられたら、実際に声を出してみながら自分にとっての良いフォームを見つけていきましょう。その時に意識してほしいことは

  1. とにかく身体(特に喉)に無理がかからない状態であるか
  2. 声を出しているときの身体の状態を知覚的に認識できるかどうか

この2点のみです。これ以外のことは、ひとまずなにも考えなくてよいと思います。

※喉、舌、肩は特に無理な力が掛かりやすいのでご自身の「力みパロメーター」として意識してみてください。また「あ、いま身体をこんな風に使ったからあんな声が出たんだな。」と言葉で説明できるようになれば、かなり高いレベルで知覚的な認識が出来ているといえるでしょう!

最後に

いかがでしたでしょうか。

フォームを整えることは、フォーカルジストニアや発声障害を克服する上で大きな助けとなります。

ただ、フォームを作っていくことに対して身構える必要はありません。とにかくカギとなるのは僕たちがただただ楽に、声を出していて楽しいと思えるような身体を作っていく作業だと思って頂ければと思います。

感覚と身体とをフル活用しながら、ご自身にとってのベストフォームを見つけていってくださいね。

それでは。

↑レッスンお申込みはこちらから

コメント

タイトルとURLをコピーしました