発声障害の克服にボイストレーニングをお考えの方に

発声障害

こんにちは。ボイスケアサポーターをしています田中眞です。

今回はボイストレーニングで発声障害を克服することを考えている方に向けて、僕が行っているボイストレーニングの概要と、ボイトレの持つ強みと弱みを書いてみました。

すでにボイトレを受けている方にも、何かの参考になればうれしいです。

こちらも併せてどうぞ

発声障害のボイトレってどんなもの?(僕の場合)

まず多くの講師がそうであるように、僕はお客様の症状やお悩みを伺ったうえで理想のフォームを整えるためのアドバイスと、それを定着化させるためのきっかけを作るお手伝いをしています。実際に声を出している時間は意外と少ないかもしれません。

声の調子は毎日少しずつ異なったり、何をもって「克服」と呼ぶかは人によって違うため、とにかくお客様のお話をよく聴いたうえでその日に伝えられるアドバイスを選出しています。メンタルケアも重要ですが、無理に話を聞き出したりしないように心がけています・・・悩みをため込まず話してほしい気持ちではありますが、そこはお客様にゆだねています。

ボイストレーニングの強みと弱み

それでは次に、僕が教える側、教わる側を経験してきた中で感じたボイトレの強みと弱みをそれぞれ挙げてみたいと思います。

ボイトレの強み

ボイトレの強み①:長期的に安定した声を手に入れられる

ボイトレは何といっても「自分の力」で理想の声を作り上げていけるという強みがあります。コツコツと続けることで症状が再発することのない、長期的に安定した声を手に入れることが出来るでしょう。

ボイトレの強み②:不調でも冷静に対処できるようになる

ボイトレによって身体の知覚認識力を高めることで、「あ、今こんな身体の使い方をしているからこんな声になるんだな。」と意識できるようになります。この意識は主に不調時に役立つようになり、思うように声が出なくても冷静に対処できるようになります。

ボイトレの強み③:リスクが少ない

1回で得られる成果が少ない分、リスクも少なく抑えられます。薬物を投与するわけでもないので副作用もないといってよいです。自分には合わない、どうしてもモチベーションが上がらない等の理由があるなら無理をして続ける必要もないと思います。

ボイトレの弱み

ボイトレの弱み①:時間がかかる

ボイトレの要はとにかくコツコツ積み重ねていくこと。しかしやった分だけ成果が表れるものでもないため、とにかく根気が必要になります。発声障害に悩む方は少なからず「今すぐ何とかしてほしい!」という思いを抱えていますが、ボイトレはその点時間がかかるため、モチベーションが維持できないと継続していくことが難しくなってしまいます。

ボイトレの弱み②:抽象的な感覚と向き合わなければならない

「おなかから息を吸うように」「響きの点を眉間に集めて」など、ボイトレではすごく抽象的な表現を用いることがあります。発声という目に見えない運動を言葉で説明するには時として感覚的な指導にならざるを得ないわけですが、そんな抽象的な表現を自分の身体にどうインプットしていくかは大きな課題となります。(ぶっちゃけ、これはトレーナー側の技量によるところが大きいと思います・・・;)

ボイトレの弱み③:相性の問題がある

トレーナーであったり内容であったり様々ですが、ボイトレは他の治療法と比べても相性による差が出やすいと思います。上述した「弱み①」で効果が出るには時間がかかると述べましたが、なかなか良くならない原因は積み重ねが足りないからなのか、相性が自分に合っていないのかをご自身で判断する必要が出てきてしまいます。

こんな方にはボイトレは特におすすめ!
  • 時間がかかってもいいから声のことで悩まされる状態を無くしたい方
  • 身体の感覚をイメージするのが得意、あるいは身につけたい方
  • 第三者と相談しながら自分の理想の声を見つけたい方

最後に

いかがでしたでしょうか。

モチベーションを保つこと、自分の心と体と相談しながら理想の声を思い描くことがボイトレの効果をより高めてくれます。

教わる身として僕もそれを意識し続けたいし、教える身としてそれを意識してもらえるよう全力でサポートしていきたいですね!

それでは。

↑レッスンお申込みはこちらから

コメント

タイトルとURLをコピーしました