発声障害

発声障害

発声障害をボイトレで克服していく過程と、気をつけていたこと

発声障害をボイストレーニングによって克服しよう!…でも一体、何をどこからどうすれば良いのでしょうか? 今回は、僕自身が実践してきた発声障害を克服するまでの過程を順番にご紹介していきます。声が出ない、という漠然とした悩みからそれを解消させるメソッドを見つけるまでのプロセスをご覧いただければ幸いです。
発声障害

“空気のストック”を意識して、発声障害の「息苦しさ」を解決!

「陸にいるのに、まるで水の中にいるかのように呼吸が苦しくなる」発声障害を経験すると、そんな感想を抱かれる方が多いようです。ただ普通に呼吸しようとしているだけなのに、なぜこうも苦しくなってしまうのか。それは機能的残気量と呼ばれる、肺の中にある空気のストック量が関係していました。
発声障害

発声障害を克服する…医療行為とボイトレの違いを考える

発声障害を治療していくにあたって、ポピュラーな治療法としてボツリヌス注射や甲状軟骨形成術Ⅱ型といった医療行為と音声治療(ボイストレーニング)が挙げられます。今回はこの2つの治療法の特徴と違いについて考えました。
発声障害

【発声障害】じぶんの声を気にしないヒトとは何だろう

発声障害に悩まされていると、ついつい自分の声のことが気になってしまいます。しかし気にしたところで事態が良くなることはそうそうなく…失敗してはまた気にして、の繰り返し。「もっと気にしないヒトになりたい!」今回は、自分の声のことを気にしすぎないためにはどうしたら良いかを考えました。
発声障害

発声障害と電話対応のおはなし

こんにちは。ボイスケアサポーターをしています田中眞です。 声の不調を抱える方とお話をしていく中で 最も声の不調を感じる場面として、よく挙がるのが「電話対応のとき」です。 この記事をごらんになられている方の...
発声障害

本当に必要な息の量と、発声障害に振りまわされない心身の在り方

声の不調につい焦ってしまい、いつも以上に息を吸ったり吐いたりしていませんか? 身体に負担のかからない理想的な発声を実現するために、じぶんにとって本当に必要な呼吸量とはどれほどか。息の循環をスムーズに行うための心身とはどんなものかを考えてみました。
フォーカルジストニア

発声障害に悩み、眠れないときに実践していた入眠のコツ

発声障害は単に発声のパフォーマンスが落ちるという身体的な問題だけではなく、さまざまな弊害を生んでしまいがちです。今回は「不眠」という代表的な問題をテーマに、僕がこれまで実践してきた入眠のコツを書いていきたいと思います。
発声障害

声に影響をあたえる「クセ」を見つけ、発声障害を改善しよう!

発声障害を改善させるうえで、とても重要なヒントとなるのが声を出すときの「クセ」を見つけていくこと。先日のレッスンで体験した驚きの「クセ」効果をあわせてご紹介します。
発声障害

“発声”障害克服のトレーニングなのに、全身の感覚に注目する2つの理由

こんにちは。ボイスケアサポーターをしています田中眞です。 この記事を書き出したのがちょうど2021年の1月2日になります。 新年あけましておめでとうございます。 今年も、僕にできること考えられることは何かをひとつ...
発声障害

デスクワーク後にはご用心!~緩んだフォームを矯正し発声障害を改善~

新型コロナウィルスの影響が続く中、場所に限らず座りながら作業をするという方が増えてきたのではないでしょうか?身体が楽なことはとても良いのですが、気をつけたいのがフォームまで緩んでしまうこと。今回はデスクワークでバランスが崩れたフォームの矯正方法をご紹介します。
タイトルとURLをコピーしました